おしりにきび薬選びでお悩みのあなたに

MENU

おしりにきび薬選びでお悩みのあなたに

なぜおしりにきびができるのか?そのわけのひとつに、乾燥があげられます。原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?と疑問に感じている人も少なくないかも知れません。


もちろん、余分な油脂がせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつとなっているのは事実ですが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それが原因でニキビができてしまうのです。



おしりにきびが出ると潰すのが常のようです。


しかし、跡が気になるから潰すな、というのが定論です。


早急に治すには、おしりにきびのための薬が一番効能があるかと思います。おしりにきび跡にも併せて効果が期待できるでしょう。


洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、おしりにきびだけに薬を塗ります。


肌の潤いをキープしたまま、きれいに落とすことが、ニキビに対抗するには欠かせません。大人おしりにきびの場合はひときわ、主な原因が乾燥することだとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎてはいけません。


その見込みがあるのが牛乳石鹸です。


ミルクバター配合の牛乳石鹸、それは、肌を乾燥指せずに汚れも落とし、効き目のあるニキビケアになります。このごろ、重曹でおしりにきびのお手入れができるとよく耳にします。ご存知かも知れませんが、重曹は弱アルカリ性なので、油分を分解する性質を持ち、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、汚れた毛穴や角質をお手入れすることができ、ニキビを改善してくれる可能性があるというのです。

ただし、重曹には研磨効果が期待できるので、洗顔に使うと肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には、十分に気を付けて下さい。



おかあさんがとてもニキビ肌で、私も中学時代からおしりにきびに悩み、二十歳を越えた現在でも、よくニキビが出来て、お手入れは意識してしています。そして、みっつになる娘もすでに鼻周りの毛穴に角質がつまりはじめています。


不憫なことに必ずおしりにきび肌になりそうです。遺伝とは恐ろしいと感じました。

女性特有のおしりにきびを起こすと考えられるひとつの原因に女性ホルモンのバランスの崩れがあると思われます。ホルモンのバランスは、ストレス下に置かれると容易に乱れてしまうと発表されています。また、特に生理の前は女性ホルモンが非常に乱れやすくなります。生理前のおしりにきび発生に悩まされる女性が多いのも実はこの女性ホルモンの乱れからきているのです。ニキビが炎症を起こしてしまうと、顔を洗う場合などにちょっと触っただけでも痛みを感じてしまいます。


なので、おしりにきびが炎症を起こしている時には、どんなに気になっても絶対に指で触らないで下さい。指で触ると痛いだけではなく、指から雑菌が侵入して、もっと炎症がひどくなることがあるでしょう。


おしりにきびもれっきとした皮膚病です。


ニキビなんぞで皮膚科に通院するのも、と少し二の足を踏みがちですが、皮膚科で診て貰うと早く回復しますし、ニキビの痕跡ができることもあまりないです。

その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を購入するよりも安価で治療出来てす。にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、おしりにきびの原因のひとつになります。

ついつい指で角栓を押して押し出すと、それが原因でニキビ跡となってしまうのです。


角栓を造らないように、また、悪く指せない為には、きちんとお肌の保湿をすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが大事です。


おしりにきびというのは、若い子たちが使う言葉で、20代以上になるとニキビという言葉は使わないなんていう話をよく聴きます。つい先日、何年ぶりかで鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「おしりにきびができちゃった」というと、笑いながら、「その歳じゃもうおしりにきびなんて言わないよ」と、バカにされました。

 

ニキビは思春期に起きる症状で、赤ちゃんには出ません。

赤ちゃんに多々見られるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれと言えるのです。赤ん坊の肌は、かなりデリケートで、間髪いれずにかぶれができてしまいます。



おしりにきびはかぶれとは異なります。赤ちゃんの肌に何か異常ができてしまったら、なるべく早めに病院で診てもらってください。私自身、おしりにきび予防に効く飲み物は、耳にしたことがありません。



しかし、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌を刺激する基になるので、控えた方がよいのです。

実際、おしりにきびと肌荒れはちがうものですが、肌にいけない事をすると、ニキビの原因にも繋がることがあるのです。ニキビを潰してしまうと、膿が中から出てきます。


さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。


これがおしりにきびの元なのですが、潰して芯を無理に取り除くのはあまりお薦めできることではありません。


無理矢理に潰すことになるのですから、より一層炎症が広がってしまいます。ニキビ跡としても残ってしまうので薬などで地道に治しましょう。ニキビにヨーグルトは良いものではないと言ったり、その逆で良いと言われたりしますが、こういった情報の真偽と言うものは明らかではありません。


特定の食品にこだわるのではなく、日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がけるよういにしていれば、おしりにきび予防になると私は思うのです。


ニキビが悪化すると、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状になります。ニキビが出来たら、ついなんとなくその箇所を確かめたくて触ってしまいたくなりますが、触ってしまうとまたそこから雑菌が入って長引いてしまう可能性がありますから、ニキビ対策用のクリームを塗るなどのケアをして、清潔に保つようにするのが良いようです。ニキビというのは、かなり悩むものです。おしりにきびができる時というのは、主に思春期の頃ですから、気にして仕方のなかった方も多かったのではないかと思います。



にきびは予防も大事ですが、薬で治すことも出来ます。

ドラッグストアへと行き、薬剤師に聞いてみたりすると、合う薬をすすめてくれます。

おしりにきびを防ぐために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。その時の旬の果物を欠かさずに摂取しています。



ご飯で果物を摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でも吹き出物が現れなくなりました。




便の通じが良くなったことも、皮脂腺の炎症が発生しなくなった理由の一つと推測できるかもしれません。

ニキビがなぜできるのか?その原因のひとつに、乾燥ということがあります。


ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と驚いている人も少なくないかもしれません。




当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつではありますが、だからといって過剰に油脂を落としすぎると、今度は肌が乾燥しすぎて、それがおしりにきびができる元凶となってしまいます。


おしりにきびがひどくなった時には、洗顔でピーリングを行っています。


ピーリングを始めてした時には、お肌が少しヒリッとしました。




それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、とてもきれいにおしりにきびが改善できたのでした。




それ以降、ニキビができてしまうとピーリングをするよう心がけています。肌の潤いキープで、汚れをとることが、ニキビケアの絶対条件。とりりゆう大人ニキビの場合は、主な原因が乾燥することだとされているため、洗顔のポイントは皮脂を取り除きすぎないことです。




牛乳石鹸ならそれができます。



ミルクバターたっぷりの牛乳石鹸なら、乾燥知らずの肌のままに汚れを落とせるので、ニキビ予防に有効なのです。