チョコレートやスナック菓子を過食すると

MENU

チョコレートやスナック菓子を過食すると

10代には、チョコレートやスナック菓子を過食すると次の日にはおしりにきびが見らえました。食べ物がこれほどまでにかかわるんだ、と思ったものです。


 

それから後、年齢が進むと一緒に食べ物にも気を遣うようになり、あまり食べないようにしています。そのせいかニキビもすっかりなくなりました。


母親はニキビが多くて、私も中学時代からニキビに悩み、大人になった現在でも、ニキビができやすいので、顔のケアは意識してやっています。

そして、三歳になる息女もお鼻あたりの毛穴に角質がつまりはじめています。不憫なことにミスなくおしりにきびができやすい肌になりそうです。



遺伝とは恐ろしいものだと思いました。




何をしてもにきびが出来てしまうときには、これまでのケアの仕方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアが見つけなければなりません。




慢性的なおしりにきびの原因として、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、合わない化粧品が肌に負担をかけているなど、様々なことが原因として挙げられます。おしりにきびが繰り返される本当の原因をきちんと知った上で、その原因が取り除かれるようなケアをしていきましょう。



おしりにきびがおでこにできると、何が何でも前髪で隠すことばかり考えてしまいます。しかしながら、それはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、極力前髪で隠す行為はせずに髪がおしりにきびに触れることがないように刺激を与えないことが肝心です。



ニキビに使用する薬は、様々です。


当然、専用のニキビ薬の方が効果は強いです。しかし、軽い程度のおしりにきびなら、オロナインを使っても大丈夫です。



効能・効果の欄にきちんとぶつぶつややけど、ひび等と共に、載っています。


おしりにきびを見つけるとほぼ潰してしまいます。

しかし、跡が気になるから潰すな、というのが常識的な意見です。

なるべく早期に治療するには、ニキビ用の薬が最良かと思います。潰したにきび痕にも効能があります。

洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビ箇所だけに薬を塗るようになさってください。




思春期頃、ニキビはできやすく、赤ちゃんには発生しません。




乳児によくあるのは、オムツかぶれなどで知られるかぶれがあります。




赤ちゃんの肌は、とても繊細で、すぐにかぶれができてしまいます。


ニキビはかぶれとは異なります。赤ちゃんの肌に何か異変が起きてしまったら、なるべく早く病院で診察を受けてください。私のニキビに対する対応策は、どんなに眠くてもメイクは必ずとって就寝することです。メーキャップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌に息抜きをさせてあげたいのです。化粧落としにも気を使っています。




オイル系や拭い取るタイプなど多種多彩なものを試してきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。

おしりにきびができないようにするためには、多くの方法があります。


一番最初に思いつくのは、洗顔になると思います。


ただ適当に洗顔するのではなくて、洗顔フォームを使って洗うと、さらに予防効果は高まります。顔を洗い終えたら、化粧水、保湿液で、しっかりと潤いを与えると、おしりにきび予防効果を更に高めることができます。知っての通り、ニキビは女性だろうと男性だろうと一筋縄でいかないものです。ほんのわずかでもおしりにきびを造らないための方策をとっている人は少なくないと思います。


おしりにきびのお手入れ法として有効なものの一つに水で洗顔する方法があります。

おしりにきびができたからと言って、必要以上に洗顔してしまったり、洗浄効果の高い洗顔料で洗顔したい気もちになりますが、実は逆効果なのです。


ニキビなどは誰しもが素早く解消させたいはずです。


素早くおしりにきびを治すためにも、ニキビは触らないようにする事が重要なことです。


汚れて雑菌の付いている手で触ってしまうと、おしりにきびの悪化につながりますし、触りすぎてしまうと肌が傷つくことになります。ここのところ、おしりにきびを重曹でケアできると注目が集まっています。弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴に詰まった汚れを取り、角質をケアする事ができ、吹き出物を改善してくれるのではと期待されています。

ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと肌を傷つける場合もあるため、試す時には、注意を払って行いましょう。


おしりにきびが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、爪で中身を押し出してしまいます。




ニキビの中から白い中身がピュッと出てくるのがすごく好きです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、どうしても中身を出沿うとした結果、消えないおしりにきびの痕跡が残ります。おしりにきび跡を見ると、無理にニキビをつぶしてしまった自分を反省するのですが、また白いおしりにきびが出てくると自分を抑えられずに、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。ニキビが出来やすいと苦悩されている方にはまず体質改善をはかる事をお薦めします。

おしりにきびのきっかけとしては甘い食べ物や脂質が多い食べ物を体内に取り入れることが挙げられます。




それらを少しもたべないというのは大変ですが、野菜や発酵食品などを多く摂取する事によって消化能力が好転し、体質改善をも持たらします。アクネ菌がニキビの原因なので、たとえばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを共有で使用したり、直接肌が触れてそのまま洗わなかった場合などに、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる可能性も少なくありません。




また、手で自分のおしりにきびを触った後で、顔の他の場所に触れると、その場所にもニキビができる事があるでしょう。

寒くなってくると、乾燥を気遣って皮膚のケアをしますが、それが反対にニキビの数が多くなる引き金になっているように思うことが時々あります。


いつもは使用しないような化粧品などを使用する事が皮膚への刺激になり、毛穴のつまりや炎症が発生して、冬でも吹き出物が出来てしまうケースがある沿うです。

肌荒れとニキビが関連していることも有りです。


というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、思春期にできるのが簡単です。ただし、思春期をすぎてもできる可能性があり、その際は大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。この大人おしりにきびの要因の一つが肌荒れですから、肌ケアや生活習慣には注意して下さい。


日頃から顔を洗って清潔な状態にしていても、ニキビが防げないことは誰でも体験するでしょう。


ニキビ予防の方法は、洗顔などで汚れを取るのは最低限ですが、栄養をしっかり摂って夜はよく寝るといった健康管理も大事だと思います。吹き出物を予防するために、毎朝、フルーツを摂取するようにしています。その時期の旬のフルーツをどのような状況でも食べています。ご飯で果物を摂取するようになってから、お肌を褒める人が多くなり、生理前でもおしりにきびが発生しなくなりました。

便の通じが良くなったことも、ニキビが発生しなくなったわけの一つと推定できるかもしれません。